司法書士にも得意不得意がある|見極め方を伝授

女性

納得できる結果を求めて

割れたハート

調停や裁判で活躍

離婚を夫婦で話し合う場合、慰謝料請求に納得してもらえず、話がなかなか進めないことも珍しくありません。慰謝料は、夫婦のどちらかが離婚要因を作ってしまったときに、精神的苦痛による代償として支払うものです。しかし、慰謝料に納得できない事案は多く、それによって離婚が成立しなければ調停または裁判へと判断を委ねることができます。そのような事態に発展したときは、弁護士が調停や裁判に備えていろいろなアドバイスや代理を行ってくれます。調停や裁判は、それを判断してくれる調停委員や裁判官にいかに納得してもらえるかがカギとなります。よって、弁護士のアドバイスやフォローはそのような事態にとても役立ちます。話し合いによる協議離婚が上手くいかなければ、弁護士への相談で調停が勧められます。調停は申し立ての手続きが必要で、これは弁護士が申し立ての代理を行ってくれます。夫婦それぞれが調停委員に慰謝料に関する不服を述べていきますが、弁護士もその場に同席ができるため、依頼人の手助けを行ってくれるのです。ここでは慰謝料の請求が妥当であるか判断されますが、事前に弁護士がその相場と比較しながら妥当性を求めていきます。慰謝料が離婚内容から的確でなければ調停委員からの理解も難しくなるため、ベテランによる弁護士の判断が重要なのです。そして、調停では話し合いの機会が複数回行われますが、そこでもめたり機会を先延ばしにしたりすると結果が出るまで長引いてしまいます。実際に、調停の期間が長くなる場合は多く、半年から1年かかる場合がほとんどです。けれども、弁護士に依頼すればもめごとを回避してもらえるので、スムーズに決着がつく可能性があります。調停で納得できる慰謝料が請求できなければ、裁判へ進むこともできます。そこでも弁護士が有利となるようなアドバイスを行ってくれるため、信頼できる味方となってくれます。

Copyright © 2017 司法書士にも得意不得意がある|見極め方を伝授 All Rights Reserved.