司法書士にも得意不得意がある|見極め方を伝授

女性

城南の遺産トラブル

男性と女性

事前準備で未然に回避

高齢化が進む社会にあって増え続けているのが相続に絡む問題です。特に資産を多く持っている高齢者にとって自らが健在であるうちになるべく遺産に絡むトラブルを予防できるようにしておくことは重要なテーマではないでしょうか。特に東京都内、なかでも不動産の価値が高く評価される傾向にある大田区などの城南エリアに不動産を持っている方であれば、相続税だけでもばかにできません。そのため不安がある場合には、弁護士や税理士などの相続の専門家に相談してみるのが良い方法です。大田区と一口に言っても、田園調布や山王などの高級住宅地から、わりと下町の雰囲気が残る雑然としたエリアまで幅が広いです。そのため土地の評価額もまちまちですので相続問題に取り組むに際しては、まずは自らの資産の価値を把握することから始めなければなりません。相続税を支払うだけの資金が手元にないような場合であれば、物納も考慮しなければなりません。しかし、一番に候補になるはずの土地が思うように物納の対象にできないケースも考えられますので、この辺りも入念なチェックが必要です。例えば、大田区内であれば一部の地区では宅地の最低保有面積が決められていたりします。そのため保有する土地の一部を分筆して物納しようとしても、その面積以下でしか分筆できないようなときには断念せざるを得ないかもしれません。もちろん、大田区といっても広いので、そうではない地区も多いのです。しかし自分の死後に残された遺族に苦労を掛けないためにも、事前にできる準備はしっかりとしておくことが重要です。また相続の問題が発生したときは弁護士に相談しましょう。弁護士事務所を探すときは口コミサイトを参考にするか、ランキングサイトで人気の高い事務所を見つけてみるといいでしょう。

Copyright © 2017 司法書士にも得意不得意がある|見極め方を伝授 All Rights Reserved.